本文へスキップ

弁護士の先生は説得力のある話し方をするのが上手です。

弁護士に必要な話術などを紹介するサイト『話し方の上手な弁護士』

『話し方の上手な弁護士』では弁護士の話し方について解説します。

弁護士の話し方

  • 弁護士は話術に長けているとの印象を誰もが持っているでしょう。 なんでも相談できる、どんなことでも話しやすいと感じることが弁護士選びの 大前提となりますが、それだけでは本当に良い弁護士を選ぶことはできません。 話しやすいことは良い弁護士の絶対条件ですが、話しやすい弁護士が全て 良い弁護士とは限らないからです。 話し方から良い弁護士を選ぶ方法はあるのでしょうか。

話し方の印象

  • 話し方で魅力的に映る人もいますし印象は変わります。 笑顔で大きな声で話す人は誰とでも親しくなれます。 これはその人の明るい印象がこの人と親しくなりたいと思わせるからでしょう。 逆に声が低くて何をしゃべっているのかよく分からないような声の人は、 暗い印象を受けて周りに誰も近寄ってこないでしょう。 もっと明るく前向きな自分になるために、コーチングを受ける方もいます。
交通事故などでお困りのかた。愛知県名古屋市の弁護士
名古屋で交通事故の示談・慰謝料について弁護士に相談する
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5番40号
ロイヤルセッションズ2階・3階・5階
http://suzutaka-law.com/affairs/individual/accident/

話し方のマナー

  • 話し方のマナーには色々あります。 初対面の人には敬語で話さなくてはなりませんし、自分だけが話すのではなく 相手の話を聞くこともお互いを理解するのに必要です。 人の話には適当な相槌を打って、自分のことばかり喋る人の話はあまり熱心に 聞こうとは思いません。 話し上手になるには聞き上手になるのがポイントで、これはマナーでもあります。 そして相手の目を見て話すことも重要です。

上手な話し方をする人

  • 弁護士以外でも上手な話し方をする人は、同性・異性問わず周囲の人から 好かれます。 上手な話し方をする人は相手の話もよく聞くからです。 自分の話を楽しそうに聞いてくれる人は好かれる、ということです。 そして今度は、こちらの話すことをよく聞こうとします。 相手の話の中から興味のあることを拾い、その話題を広げていくことで 会話も盛り上がります。