本文へスキップ

弁護士の先生は説得力のある話し方をするのが上手です。

話し方の印象

手振りをまじえる

話し方の上手な弁護士/手振りをまじえる

話す時の声や表情はもちろんですが、ちょっとした身振り手振りが入ると 人は自然にその人の話に引き込まれます。 自己主張が強い人は一方的に話したがりますが、聞く姿勢を持って話しをする 人の方が好感が持たれることが多いでしょう。 よく相手の話を聞いて、大きくうなづいたり相手の言葉を繰り返したりすると ちゃんと話を聞いていると伝わり好感を持たれます。 自己主張ばかりでも相手が疲れてしまいますが、あまり喋らずに相手の話 ばかりを聞いていても何を考えているのか分からない人と思われてしまいます。 相手の話を聞くのが上手くて、自分の言いたいことを上手に伝えられる人が 魅力的に映るのです。


上手な話し方

話し方ということを考えると重要なのは、こちらの意図していることを 相手に伝えることだと理解しておきましょう。 事象の説明ばかりで何を言っているのかわからないというようではダメです。 上手な話し方というものは伝える技術で、自分が思っていることや意図 したことを相手に伝えるということを考えましょう。 基本としては、簡潔に述べて必要に応じて説明を加えるといった手法です。 敬語等を活用することはもちろんで相手に不快な思いをさせないという ことも必要になりますが、まずは自分の意図を伝えるということを意識 するようにしましょう。


会話を膨らます

上手な話し方のポイントは相手の話をよく聞くことで、これは相手の話の中に 会話を盛り上げるヒントが隠れているからです。 相手の表情を見ながら、会話が弾みそうな話題を探るのです。 話の中から相手に興味のありそうな話題をみつけ、話を膨らますために 質問をしてもいいでしょう。 そしてその返事で終わらせてしまうようなことをせず、どんどん会話を 膨らませるように仕向けるのです。 注意しなければならないのは、一度返事をすればそこで会話が終わってしまう ようなことを続けて聞くことです。