本文へスキップ

弁護士の先生は説得力のある話し方をするのが上手です。

話し方のマナー

目を見て話す

話し方の上手な弁護士/目を見て話す

日本でも西の方の人は目を凝視して話すのが当たり前だと言いますが、 北の人は目を凝視せずにあごのあたりに視線を落としたり目を見る繰り返しで 会話をします。 このように多少の県民性があるようですが、相手の方を見て話すというのは 大切なことです。 こちらがクライアントなのかホストなのかによっても違いますし、 年齢的な上下関係も配慮する必要はありますが、基本的には目上の人を敬って 話すように心がけましょう。 顔の表情も大切で、相手の話に興味がありますよと笑顔を見せたり、 大きくうなづいたりとリアクションを取ることで相手も話しやすくなります。


聞く姿勢

自分のことを分かってもらいたい気持ちも分かりますが、上手な話し方と 聞き方は人間関係をスムーズにしてくれます。 まくしたてるように自分のことだけを話していたのでは、相手も面白くないので 心は離れてしまいます。 自分だけが一方的に早口で話をすると相手の入り込む隙が無くなり、 会話のキャッチボールが成立しません。 それでは相手を不快にさせるだけで、マナーのある話し方とはいえません。 自分の気持ちを押し付けるばかりではなく、相手の話をよく聞く姿勢を持つことが 重要でしょう。


共感する

会話をする相手だって自分を認めて欲しいと思っているはずですから、 話をよく聞いて大きくうなずいたり、相手の言葉を反復して聞いているというのを 態度で表現すると安心してもらえます。 また共感してみせれば相手も喜びます。 相手の話の中で興味のあるものに共感してみせ、それに合わせて自分の話も 繋げていくとお互いの距離をグッと縮めることができるでしょう。 話し上手は聞き上手と言いますし、相手の話をよく聞いて共感し、 共通の話題をみつけて話すことでお互いの関係を良くしていきましょう。