本文へスキップ

弁護士の先生は説得力のある話し方をするのが上手です。

上手な話し方をする人

弁護士の話し方

話し方の上手な弁護士/弁護士の話し方

弁護士の話し方は説得力があり、納得させられてしまいます。 弁護士は司法試験に合格してなれるものですが、いざ実践になると話の仕方で 力量が問われます。 物事には理由と裏付けがあり、しっかりと裏付けが取れているからこそ 自信を持って話すことができます。 弁護士の話し方に説得力があるのは、理由と裏付けを明確にした話し方だからです。 そして優秀な弁護士は、大きく張りのある声でゆっくりと分かりやすく話します。 聞き手は自然に耳を傾けてしまいますし、分かりやすい話し方なので聞き手も 容易に理解できるのです。


アナウンサーの話し方

研究し尽くされた上手なアナウンサーの話し方は、滑舌が良くハキハキしていて 誰にでも聞き取りやすいです。 テレビなどでニュースを分かりやすく伝えるアナウンサーの話し方は、 会話では無く情報を伝えることですので、弁護士のような相手ありきの 話し方とは少し違います。 ですがアナウンサーになりたい人はもちろん、結婚式の司会やスピーチなどを 行う際には参考になる話し方です。 相手が理解しやすいよう、発音やイントネーション、声の出し方や言葉の選び方、 間の取り方など全てが考えられています。


落語家の話し方

落語家は人前でネタを話すだけではなく、ネタを話す前の前振りとして世間話 をしたり、ネタの中でも次の展開に移る時の間の取り方、声のトーンの上げ下げ のタイミングなどを考えながら話をします。 そして一番考えられているのは、聞き手の気持ちを考えて飽きさせないように 工夫をしていることでしょう。 これは同じネタでも落語家さんごとに話し方が違うことからもわかるように、 少しずつ自分なりのアレンジをしているのです。 ネタを飽きさせることなく聞いてもらうため、自分でイメージしながら実践に 挑んでいるのです。 同じ内容を語るとしても、自己流にアレンジをすることもあるのです。